WORK & CAREER仕事とキャリア

お客さま、設計者、作業者三方良しの設備を具現化する

生産技術M.S

ニフコで働く理由

“とらわれない”ビジネスに挑める
“独立系メーカー”という個性

ニフコは独立系メーカーということもあり、取引先や協力会社にとらわれることなく、自由にビジネスができる会社であると感じています。実際、国内外を問わずに、さまざまな自動車メーカーの色々な車種にニフコの製品が採用されています。このように、自分の仕事が巡り巡って、グローバルなものづくりに貢献できることや、最終的に自動車を運転する人々の役に立つと思うと、自分の仕事に意義を感じます。また、仕事では難しさ・大変さを感じることもありますが、上司をはじめ気軽に相談できる先輩が多く、困っているといつも助けてくれます。この“人”の存在も、働く意欲を後押ししてくれます。

ニフコのオドロキポイント

社員にとってありがたい
健康と懐に優しい食堂事情

横須賀の本社と技術センターの話にはなりますが、社食がとても安くて驚きました。一食280円〜360円で済むので、散財することもなく、それでいて栄養バランスがしっかり考えられているので、とてもありがたいです。それだけでなく、メニューの種類も豊富(日替わり)で味もおいしいです。食堂のスペースも開放的で綺麗なので、お昼時は社員がリラックスできる、和やかな時間になっていると感じます。ちなみに夕食の提供もしていて、残業をしなければならないときなどは本当に助かっています。余談になりますが、2019年に新しい社屋が竣工した相模原工場や名古屋工場の食堂も好評なようです。こうした社員の健康と懐に配慮してくれる所に、会社の温かさを感じます。

失敗談

失敗が失敗にならない社風
その環境づくりに貢献したい

社歴が比較的浅いということもあり、まだそこまで大きな案件は担当しておらず、致命的な失敗は幸いにして経験していません。しかし改めて振り返ってみると、納期遅れなどのトラブルが起きそうなときは、いつも上司や先輩が相談に乗ってくれていました。だからこそ、結果として火種が小さいうちにトラブルを解決できていただけなのだと思います。これは、相談しやすい環境を周囲がつくってくれているおかげです。そのことに感謝しつつ、自分も相談される立場になったときに快く引き受け、私の先輩方のように、的確なフォローやアドバイスができる人物でありたいと思います。

生産設備の仕事

ニフコの製品の生産設備を構築
ものづくりの仕組みを考える

ニフコでは数多くの種類の製品が生産されていますが、製品によりすべてつくり方が異なります。私の仕事は、そんな製品ごとに最適な生産設備(生産ライン)を設計することです。ニフコの製品は、世界トップレベルの自動車メーカーの要望を満たすため、コンマ数㎜単位で緻密に設計されています。そんな製品を高品質で、早く、安く量産しつつ、生産現場のスタッフがミス無く作業できる仕組みを構築する……一筋縄ではいかないクリエイティブな仕事です。

Q&A

  • 入社理由を教えてください

    学内説明会でニフコを知ったのですが、身近な製品やアイデアにあふれた製品をたくさんつくっていることや、社員の方から感じたフラットな社風に魅力を感じて入社しようと思いました。

  • ニフコってどんな会社ですか?

    こだわりの趣味をもっている社員が多く、クルマ・自転車・釣り・スポーツなど、仕事以外の話題で楽しそうに盛り上がる社員をよく見かけます。私も入社後に薦められて、スノーボードをはじめました。

  • 就活生へのメッセージをお願いします

    世の中にはたくさん企業があるので悩んでしまうと思いますが、できることをやりきって納得のいく選択をしてください。それがニフコであれば嬉しいです。ニフコは風通しが良く、働きやすい会社です。

ある一日のひとコマ

自身で手掛けた設備が生産現場で不具合がないよう、動作の確認を行っています。設備の機能は十分か、プログラムのバグはないか等確認し、修正を進めます。自身での確認後、部署内でデザインレビューを実施し、量産現場に移管されます。

私が手掛けたモノ

自動車のフロントガラスに取り付ける、カメラベースの部品の有無を確認するために製作した設備です。

PROFILE

M.S

技術本部 生産技術センター 設備開発部 第二商品設備課
2017年入社/工学部応用化学科 卒

外出することが好きで、休日はショッピングやドライブに出かけます。GW・夏休み・年末年始の長期休暇は10日ほど休みが取れるので、伊豆諸島でスキューバダイビング(体験ですが)をしたり、沖縄に観光に出かけたりと、遠出をすることが多いです。